さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 公募計画コース > 第168号

[本文]

活動報告(公募計画コース) 第168号

中国・浙江工業大学と国際交流(その3.東京へ)

岡山大学

 12月17日~25日、中国・杭州・浙江工業大学の訪問では、岡山大学・小西助教・中村技術専門職員・山下君(工学部4年生)が同行し、浙江工業大学一行と共に東京にて施設・大学見学も行いました。

 日本科学未来館では、最新の科学技術と人の多さに驚きました。一行は日本の科学技術の素晴らしさに目を奪われていました。見学者の多さから、最新技術への期待や興味がいかに高いかを知ることもできました。


日本科学未来館にて

 また、東京工業大学では材料工学専攻の、田中・生駒研究室と篠崎・櫻井研究室を見学させていただきました。田中・生駒研究室では、天然由来のバイオセラミックスに関するお話を、篠崎・櫻井研究室では、セラミックスの薄膜に関するお話を聞かせていただき、最新のセラミックスに関する勉強をさせていただきました。

東京工業大学にて田中・生駒研究室の見学(右から1人目・生駒俊之准教授)

東京工業大学にて篠崎・櫻井研究室の見学(左から2人目・篠崎和夫教授)


 さらに、明治大学では相澤研究室を見学させていただきました。相澤研では、高度医療・福祉を指向するハイパフォーマンスバイオマテリアルについてお話を聞かせていただき、施設見学や大学院生からのプレゼンテーションもいただきました。


明治大学にて相澤研究室の見学(前列右から2人目・相澤守教授)

 いずれも高い目標を目指し、日々研究活動に専念されている姿に感銘を受けました。

 このような見学のチャンスをいただいた東京工業大学、明治大学とさくらサイエンスプランに心より御礼申し上げます。

活動報告