さくらサイエンスプランHOME > 活動報告 > 公募計画コース > 第167号

[本文]

活動報告(公募計画コース) 第167号

中国・浙江工業大学と国際交流(その2.地域との交流)

岡山大学

 12月17日~25日、中国・杭州・浙江工業大学の訪問では、地域との国際交流も活発に行いました。

 岡山市立御野小学校の4年生(壬生教諭担当)の理科・実験授業を見学させていただきました。先生の問いかけや全員に取り組みを促す様子、児童が積極的に意見を伝えたり、まっすぐ前を向き集中している様子が、一行にはとても興味深かったようです。初等教育の重要性が大切であることを再認識しました。


岡山市立御野小学校にて(前列右から3 人目・太田昌孝校長)

 また、倉敷科学センターを訪問し、はじめての“プラネタリウム” と三島学芸員の素晴らしい天文解説に感動しました。体験型施設として子どもから大人まで楽しめる工夫がされており、訪問した日の太陽の黒点が見える等、日々違った様子が見える展示を行っていることに驚きました。


倉敷科学センターにて(前から2列目の中央・三島和久学芸員)

 さらに、工学部創造工学センター・技術支援部門の主催で本学男女共同参画室と共催の小学生向けの出前実験教室にも講師として参加していただきました。参加者からはとても楽しかった、中国や中国語にも興味がわいたとの意見もいただきました。本活動の様子は岡山大学websiteのニュース1)にも掲載されています。


岡山市内で行った出前実験教室の様子

 一行の滞在期間中、工学部長訪問や図書館・広報課・グローバル・パートナーズ事務室への訪問等、岡山大学内の見学も行いました。
 ウェルカムパーティでは、本学の自然生命科学研究支援センターゲノム部門管理室・松原忍(藤間流・藤間寿葵)さんによる美しい舞を見せていただきました。日本の伝統芸能である日本舞踊に浙江工業大学グループも深く感銘を受けたそうです。


ウェルカムパーティで日本舞踊を見学した一行(中央・松原忍さん)

1) 岡山大学工学部新着ニュース
http://www.eng.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id4212.html

活動報告